タバコ顔になりたくない!禁煙できれいな肌を取り戻す

2020年06月30日

タバコは健康に悪いだけではなく、肌にも悪影響を与えていると考えられています。
肌のトラブルは身体の一部分に止まらず、最も目立つ部分である顔にまで影響を及ぼします。
喫煙することで、目尻や口の周りに目立つ深いしわが出来やすくなり、シミは目立ち、くすんだ色の肌になります。
また、唇は乾燥しやすく、歯や歯茎が茶色くなり、白髪も目立つようになって美容を阻害すると考えられています。
口臭も本人の自覚とは別に発生するようになると言われています。

タバコを喫煙することで、ニコチンが身体の中に取り込まれ血管が収縮して、肌に酸素が行きわたりにくくなります。
ニコチンの影響により、シミの原因となるメラニン色素を抑える作用を持ち、肌のハリを保つのに必要なコラーゲンを作るのを手助けするとされるビタミンCは破壊されやすくなり、顔にシミやしわを出来やすくします。
タバコを喫煙することで生じるタールは、発がん性物質や発がん促進物質を含んでおり、歯や歯茎を茶色に染めていきます。
タールは禁煙してもすぐにはなくならず、しばらくの間肺の中に残ると言われています。

顔も含めた肌トラブルを抑制し、将来的に美容の維持を考えるのであれば、タバコは止めて禁煙するのが得策であると考えられます。
タバコの喫煙によって一度失った顔のハリを取り戻すことは簡単な事ではありません。
また、ニコチンは中毒性・依存性が高く、一度吸い始めると止めることが難しいため、何度も禁煙を宣言しながらも失敗するという現象が起こることで有名です。
しかし、そのまま喫煙を続けていれば徐々に肌のみずみずしさは喫煙をしないよりも失われていくことになります。
将来的にタバコ顔にならないためには禁煙をすることが必要です。

禁煙するためのツールは現在様々なものが発売されており、昔に比べれば禁煙することも容易になってきています。
将来タバコ顔にならないために、また綺麗な肌を取り戻すために禁煙したいものです。

シミやしわなど肌のトラブルが多いのがタバコ顔の特徴

喫煙する際に発生する多数の有害物質は60種類に及ぶとされており、それぞれの有害物質は肌にシミやしわなどの肌のトラブルを引き起こす原因となります。
たったの一本の煙草を喫煙する程度であれば、大きな影響はないと考えられますが、継続的に有害物質を取り込んでいれば身体に良いはずがなく、肌にも少なからず影響を及ぼすのは明らかです。

ニコチンは血管を収縮させ、血圧も上昇させます。
また、禁煙することが難しい原因となっていると考えられます。
なぜなら、ニコチンには強い中毒性や依存性を有しているからです。
ニコチンによって巡り巡ってメラニン色素が増加してシミが多くなります。
ビタミンCは肌のハリを保つのに必要なコラーゲンを作っていますが、ニコチンでビタミンCが破壊されているので、コラーゲンが上手く作れなくなり、肌のハリが失われがちになっていきます。

このようにして喫煙を続けていると、シミやしわなど肌のトラブルが多くなっていき、ついにはタバコ顔と言われる顔に変貌していくことになります。
タバコ顔は、目尻や口の周りに目立つシワが出来ています。

また、肌は全体的にくすんでいて独特な色合いです。
長く喫煙している人の多くは喫煙者特有のくすんだ顔をしていますので見たことのある人は少なくないでしょう。
また酸素が行きわたらないので乾燥した唇となり、白髪も増えます。
歯や歯茎は茶色く着色されていてまたこれが喫煙者特有の色合いを醸し出します。

シミやしわなどは喫煙を続けながらであればなかなか治ることはありません。
ビタミンCをとってコラーゲンを補填しようとしても一日に人間がバランスよく食せる量は概ね決まっているため、上手くいきません。
特に女性ならこのような状況に陥ることは避けたいところです。
禁煙してタバコ顔にならない将来像を描いていきたいものです。