禁煙すると睡魔や眠気に襲われる方がいる

2020年04月23日

昨今では、健康の為に禁煙に取り組んでいる人は多く見られます。
ただしせっかく禁煙に成功したとしても、仕事中に強い眠気に襲われたり、イライラに悩まされてしまうケースがあります。
ちゃんと煙草を止められても、眠くて仕事にならない、集中力が続かないならば元も子もないです。

禁煙で猛烈に眠気に襲われる原因は、離脱症状が起こるからです。
そもそも煙草に含まれるニコチンは、体内で分泌されるアセチルコリンと同じ脳を覚醒させる働きがあります。
煙草を長期にわたり吸っていると、ニコチンがあるのでアセチルコリンを作る必要がないと身体が誤って判断してしまいます。
それで、自然とアセチルコリンの生成される量が減ってしまいます。
そんな状態で喫煙を始めると、脳を覚醒させるニコチンがないので急激に眠気が襲ってくるというわけです。

また、その他の離脱症状として、精神的なイライラに襲われるケースもあります。
タバコに含まれるニコチンは、体内に入ると脳にあるニコチン受容体と結合して快感を生じさせる物質を大量に放出します。
この作用によって、喫煙者はリラックスや精神的な安定を感じる事ができます。
ただ禁煙を始めると体内のニコチンが切れるので、反対にイライラするという症状が現れるということです。

禁煙中に眠気に耐え切れず、ついついタバコに手が伸びてしまう方も多いです。
一本くらいなら大丈夫と吸ってしまいがちですが、喫煙したら再びタバコが手放せない状態に陥る可能性が高いです。
その原因は、再びタバコに手を出すことで、これまでずっと抑えていたタバコへの精神的な依存を呼び起こしてしまうからです。

基本的にタバコへの依存度によって離脱症状の重度や期間は人それぞれ異なる物です。
特に長期にわたり喫煙し続け、1日に吸う本数が多かった人の場合、幻覚などの重い症状が現れることもあります。
なので、そのような方が確実に禁煙を成功させるにはクリニックの禁煙外来を受診する事が有効です。

タバコをやめてからいつまで眠気が続くのか?

禁煙を始めると、離脱症状として日中に睡魔に襲われるケースがあります。
煙草をやめてからいつまで睡魔に襲われるのか、禁煙を考えている人は誰もが気になるものです。
タバコへの依存度によって期間や強さに差がありますが、通常は禁煙を開始して3日以内に眠い状態のピークを迎えます。
そこから徐々に症状が緩和して行き、1週間か長くても3、4週間で症状が治まるケースが多いです。
というのも、脳を覚醒する作用のあるアセチルコリンの分泌が3週間から4週間で改善してくるからです。

ただし喫煙年数が長い、1日の本数が多いなどタバコへの依存度が高い人の場合、禁煙を始めた時の離脱症状が重い傾向にあります。
特に煙草を止めてから2、3日後に「猛烈に眠い」「イライラする」などの症状に襲われます。
そのため、禁煙中でもタバコが吸いたくなる衝動に駆られる機会が多くなります。

禁煙中に感じる眠気は、集中力を妨げて仕事や家事などの日常生活に悪影響を及ぼすことになります。
このような急な眠気を対処するには、幾つかコツがあります。
まず、睡眠をきちんと取るために、早く寝るなど規則正しい生活を心がける事が大事です。
このように睡眠の質を上げることで、寝ている間にニコチンが体内から徐々に抜けていって離脱症状の緩和に繋がります。

その他にも、仕事中や家事の最中に眠気を感じた時はストレッチやウォーキングなど軽い運動を行うと良いです。
軽い運動を取り入れることで、脳や身体の血行がよくなり、頭がクリアになるからです。
眠気を抑える効果がある上に、タバコを吸えないストレスを解消する事が可能です。
なので、吸いたいという強い欲求に晒される事なく、日常を過ごす事ができます。